(別ページで見る)

真鍮と経年変化について

  • 真鍮無垢材を使用しているため、時が経つにつれて色合いが変化します。素材の特性としてご理解ください。
  • 経年変化はプレート全体で均一に起こるとは限らず、始めはムラが生じたりすることがあります。全体になじむまでお時間がかかりますのでその過程もお楽しみください。
  • 雨や水しぶきのかかる場所では、表面に雨垂れの模様が付く場合がございます。
  • 素手で触れた部分は変色の原因になりますので、取扱いの際は柔らかい素材の未使用手袋の着用をおすすめします。
  • 経年変化のスピードを遅らせたい場合は、定期的に蜜蝋ワックスを塗布していただくことで、光沢感が出てある程度納品時の状態を保つことができます。
経年変化前の状態
経年変化の様子(一例)

※変化の仕方や速度は設置環境により異なります。
※塩害を受ける可能性がある地域では強い変化を起こす場合があります。

お手入れ方法について

  • ほこりや汚れが気になる場合は、柔らかく乾いた布で乾拭きしてください。汚れが強い場合は水拭きしていただいても大丈夫ですが、必ず最後に乾拭きしてください。
  • 緑青(青緑色の錆の一種)が発生して気になる場合は、真鍮磨きクロスでやさしく磨いてください。薬品などで拭くと拭きムラの原因になりますのでお控えください。
  • 雨や手の跡が黒くなってしまった場合、黒くなった部分は汚れではなく科学変化ですので拭き取ることはできません。このような跡が重なってアンティークの風合いが出てきます。時間が経ち、全体的に深い色合いに変化していくとその跡もあまり目立たなくなるかと思いますので、しばらくは見守ってみてください。
  • 変化した色や水しぶきによる模様が気になるので綺麗な状態に戻したい場合は、ピカール等の金属磨き剤をご使用いただけますが、納品時の質感とは異なる質感に仕上がりますのでご理解いただいた上でご使用をお願いいたします。